JA京都
暮らしのなかにJAを

JA京都酪農センター

より安全でおいしい確かな牛乳

JA京都酪農センターでは、生乳生産で丹後地域から山城地域まで京都府下一円を占めています。一軒一軒の酪農家と一体となって飼養管理・衛生管理に努め、地産地消運動に取り組んでいます。 さらに、「より安全でおいしい確かな牛乳」を目指し、生乳生産に関わる飼料の種類、治療薬、洗浄用洗剤、乳量、出荷乳温などを毎日チェックシートに記録し、生産現場での品質管理に取り組んでいます。 乳牛の人工授精や診療、生産者の酪農指導等はJA京都畜産酪農部の職員が一貫して行っています。 飼料については、系統業者(西日本くみあい飼料(株)、全酪連)の専任担当者とJA担当者一体となり各生産者を巡回し、各戸に応じてJAが推奨する飼料、資材の利用推進をおこなっています。 このように安定した品質、安心できる品質を保つために常に生産者と連携をとりながら生乳生産に努めています。

美味

京都の自然に育まれたおいしさ

農協牛乳は京都の自然の中で育てられた牛の生乳のみを使用しています。良質でコクのある牛乳のおいしさを保つために、成分無調整にて製品化しており、酪農家が搾ったままの風味を生かして、みなさまにお届けします。

安心

牛の飼料から管理する一括管理

JA京都管内に広がる農協牛乳の生産酪農家。その一軒一軒の酪農指導は、JA京都が一貫して行っています。これは生産履歴が明確であるという事とともに、安定した品質、安心できる品質を保つための大切な一括管理体制です。

管内農業について
  • JAカード直売所割引
  • JAネットローン
  • JAポイントサービス
  • 出資証券の無証券化について
  • 組合員資格確認のお願い
  • JA京都の組合員になりませんか
  • JA京都のおいしいお米
  • JA京都の京野菜
  • JA京都酪農センター
  • JA京都のおすすめレシピ

ページの先頭へ