JA京都
暮らしのなかにJAを

基本理念

経営理念

組合員との絆を大切にして、愛され、信頼されるJAをめざします。

経営方針

営農活動中心のJA

消費者に喜ばれる安全・安心な農産物の生産等、さらに高度な営農指導を中心事業として、生産に必要な資材を提供する購買事業を行います。 全職員で農繁・日直対応を行います。

強靱な信用力を持つJA

強靱な信用力と信頼のもとに、組合員の財産を全面的に守る信用・共済事業を行います。

組合員との「ふれあい」を大切にするJA

一斉訪問、渉外活動等を通じて、組合員との「ふれあい」を大切にします。

全ての事業を全利用していただけるJA

組合員一人一人が自らのJAとして「全ての事業を全利用」していただけるJAをめざします。

協力組織を大切にするJA

農家(事)組合・農区、生産部会、女性部、年金友の会等の協力組織を大切にします。

自分の守備範囲を完璧に守るJA

役職員は自分の守備範囲(地区、組合員、仕事等)を明確にして完璧に守り、組織内の連携、協調を図ります。

役職員がJA運動のモデルとなるJA

役職員は、JA運動のモデルとして率先して全利用に努め、協力組織の構成員となり、家族はJA運動の理解者になります。また、居住する地域にJA運動の理解者を多くつくります。

ページの先頭へ