JA京都
暮らしのなかにJAを

紫ずきんの中華風で2品

紫ずきんの中華風で2品

〈紫ずきん中華風〉〈紫ずきんの春巻き〉 を紹介します。

材料(4人分)
  • 紫ずきん 200g
  • (A)にんにく小1個・ショウガ5g 各すりおろし、赤唐辛子輪切り少々
  • (B)濃口しょう油大さじ1.5、みりん大さじ1、酒大さじ1、ゴマ油大さじ1、塩小さじ1/2
  • (C)春巻き皮6枚→ 1/2に切る、海老10尾程→殻をむき7mm 位に切る、溶けないスライスチーズ6枚→ 1cm 幅に切る、パセリ少々
  • (D)小麦粉大さじ山盛り1、水大さじ1、
  • 揚げ油 約1/2カップ
作り方

〈紫ずきん中華風〉
(1) 紫ずきんは両サイドをはさみで切り、塩(分量外)を小さじ1杯強かけてよくもむ。5分以上置いてから沸騰した湯に塩を1%程入れて7~8分ゆでる。
(2) フライパンに(B)を合わせ、(A)も加えて熱くし(1)を加え味が絡むようにかき混ぜながら30秒~1分強火にかける。

〈紫ずきんの春巻き〉
(1) 春巻きの皮の上に紫ずきん中華風の(1)で調理した豆を取り出して並べ、(C)の海老とチーズも等分に乗せて指太さの棒状に巻く。 (D)を合わせてのりを作り、巻き終わりをしっかり止める。
(2) フライパンを熱し(3)の巻き終わりを下にして並べ、ヒタヒタの揚げ油を注ぎ入れ中火で時々返しながらカリッとするまで揚げる。

コツ・メモ

紫ずきんは大粒で味わいも他の枝豆とは比べられない程おいしいです。塩ゆででいただくことが多いですが、冷蔵庫で10日程保存のきく中華風も便利です。面倒ですが、両サイドを切ってゆでると3~5分は早くやわらかくなり、たれに絡ませ半日程置くと味が良くなじんで美味です。

製作者

福知山市ヒロコクッキングスクール

検索して探す

ページの先頭へ