JA京都
暮らしのなかにJAを

新着情報

伏見とうがらし出荷目合わせ

2017年07月21日

伏見とうがらし出荷目合わせ

間人支店

 京野菜部会間人支部の伏見とうがらしの生産者は20日、間人支店たいざ野菜集出荷場で目合わせ会を開きました。出荷は5月下旬から始まっており、生産者は出荷規格表に基づき、選別基準や詰め方を参考にして、個々で選別をし、出荷の準備をしているが、互いに見比べたり、日頃、出荷や栽培において気になる点を出し合うなど、情報や意見交換を目的に開きました。

 この日は、出荷する伏見とうがらしを確認。「箱づめは、見栄えも大事なのでこのように並べたら、よりきれいに見える」「写真を参考に、等級ごとに、わん曲、くの字、S字を見て分けているが、難しい」「秀品を1箱作るのが中々大変。優品や良品がほとんどになってしまう」など、ざっくばらんに意見交換をしました。

 また、JA担当者が出荷前には検品を行っているが、しり腐れやアントシアン果等が混入しないよう注意することや、市場からの情報・要望についても報告した。生産者は「毎日暑いが、また明日から頑張ろう」と話していました。

写真=出荷する伏見とうがらしを確認する生産者

ページの先頭へ