JA京都

2006.06 Vol.51



 
5月下旬〜7月上旬
 
 

春先からの作業が品質の良し悪しを決めます

 えんどう栽培といえば“いや地”(連作障害)の問題は外せませんね。同じ畑で再び栽培するには7年…、長ければ10年くらい期間を空けないといけません。土壌消毒などの対策もありますが、まだ決定的なものではないので、私のところでは7年周期の回転で畑を変えています。この畑も昨年は田んぼだったんですよ。は種は11月に行います。春先からは冬場の雪や雨で溜まった水を畑から抜く作業やつるの整枝、ネット張り、病害虫の防除、わき目かきなどを行います。一つでも怠ると、決して高品質のえんどうは採れませんよ。おかげさまで市場からは信頼をいただいていますし、私らも良いえんどうを出荷していると自負しています。期間は約1か月ですが、この期間にやわらかくて香りが良く、卵とじやえんどうご飯にも最適な実えんどうを是非食べてみてください。

 
 
●土作り ●畝立て ●は種   ●支柱立て
  ネット張り

つるの整枝
わき目かき
●収穫
※堆肥、石灰を十分に投入 ※同時に肥料を投入   ※畑の排水の管理   ※目安は一株につき1〜2本残す ※病害虫の防除  
 

出荷期間は府内最長

 

 品種「ウスイえんどう」は全国的に普及している実えんどうの代表格。福知山市では昭和48年の部会発足以来、栽培・出荷されており、現在では特産のキュウリに次ぐ主品目です。規模は生産者53人、栽培面積350アール、売上高は1700万円(平成17年度)となっています。特徴として「約1か月におよぶ出荷期間」が挙げられます。平坦部と山間部での気温差が可能にしたもので、このため他産地の出荷が終了した後も、市場からの需要に応えることができています。従来は福知山市が管内の唯一の産地でしたが、近年では園部や八木、和知、亀岡でも栽培しています。


実えんどうのココがすごい!

 

伴 みずほ
京都短期大学講師
(管理栄養士)

 えんどうは成熟するまでの各過程が楽しめ、若い芽は豆苗、さやを食べるのはさやえんどう、若い実は実えんどうと呼ばれ、新種のスナップえんどうはさやごと食べます。えんどうは新緑の時期、濃い緑色の粒が大きくなる頃、タンパク質や糖質さらにミネラルやビタミンB1も豊富になりますが、ビタミンCだけはさやえんどうの方が多いようです。また、食物繊維が多く飾りに使う程度でミニトマト2個分を取ることができます。翡翠のように色よく茹で旬の甘みを堪能しましょう。

主な成分比較(生100g当たり)
  豆苗 さやえんどう 実えんどう さやいんげん
たんぱく質 4.8g 3.1g 6.9g 1.8g
糖質 4.3g 7.5g 15.3g 5.1g
1.0mg 0.9mg 1.7mg 0.7mg
亜鉛 0.6mg 0.6mg 1.2mg 0.3mg
ビタミンB1 0.24mg 0.15mg 0.39mg 0.06mg
ビタミンC 74mg 60mg 19mg 8mg
食物繊維 3.1g 3.0g 7.7g 2.4g

※五訂増補 日本食品標準成分表 参照

撮影協力:
ヒロコクッキングスクール

(西山寛子さん)
京の産品図鑑のおすすめ一品では料理風景をムービーでご覧頂けます。ムービー再生にはWindows Media Playerです。
インストールされていない方は下記のアイコンからダウンロードお願いいたします。
福知山市ヒロコクッキングスクールさん直伝

 

実えんどうのお好み焼き

 

●材料(2枚分)
・実えんどうさや付き 500g
・お好み焼きの粉 100g
・牛乳又は水 160〜180cc
・海老 4尾 
・桜えび(乾)15g(大さじ2)
・紅生姜 大さじ山1
A(とんかつソース、マヨネーズ)
B(青のり粉、花かつお)

 

●実えんどうの茹で方
実えんどうは茹でる直前にさやをはずすとやわらかく甘味が抜けません。また、さっと洗って塩を少々からませ20分程置いてから茹でると甘さが増し、少し塩味が付き美味です。
たっぷりの湯で5〜7分弱火でやわらかくなるまで茹で、茹で上がりは鍋に少しずつ水を落とし徐々に冷やすと、しわが出来たり固くなったりしません。

 

●作り方

(1) やわらかく茹でた実えんどうはマッシャーなどで粗つぶしにする。海老は殻をむき1cmのぶつ切りにする。
(2) お好み焼きの粉に牛乳を加えて生地を作る。
(3) フライパンに油を塗って(2)をお玉一杯丸く流し入れ(1)の実えんどうをたっぷり乗せ、海老をちらし、桜えび、千切り生姜も乗せて再び(2)の生地を糸状にかけ、ふたをし、1〜2分蒸し焼きにする。
(4) (3)を返してしっかり押さえ、カリッとするまで焼き上げる。
皿に取り出しAを糸状にかけ、好みでBをちらす。

 

ひとくちメモ
ビタミンB群、Cが多く、豆の中ではトップクラスの食物繊維が含まれます。冷凍や缶詰で年中出回っている実えんどうですが、生の甘さや美味しさは格別です。桜えびやかつおのカルシウムがビタミンCの吸収を高めてくれる今回のお好み焼き。美容と健康に最高の一品です。

 

プリンタ出力用画面


JA京都のおいしいお米
JA京都の組合員になりませんか?
京野菜
京やさい料理帖
たわわ朝霧
たわわパン工房