JA京都

2016.04 Vol.169


栽培特性

 
●つるぼけしやすいので、元肥は少な目に。
●通気をよくするため株間を広くする。
●連作可能。
●整枝本数により株間、誘引方法を調節する。
●低温期に開花した花は、人工受粉で着果させる。
●玉直しで色と形を整え、適期収穫につとめる。

(1)苗の準備


3号のポリポットに種を2粒まき、ビニールトンネルなどの加温設備で28℃以上に保つ。本葉1枚の頃、1本に間引き、本葉4〜5枚で定植する。

(2)畑の準備


 
 定植の2週間前までに1m当り苦土石灰150g、堆肥2〜3kg、化成肥料50gを土にすき込む。よく肥えた土や前作の肥料が残っている場合、元肥は減らす。畝立て後黒マルチを張る。

(3)植え付け


苗は、ポリポット内の土の表面が畝の表面より上の位置になるぐらいの浅植えで、水をかけ仮支柱に誘引する。気温が低いときは、ホットキャップやあんどんで保温する。

(4)摘芯・整枝


 
 本葉5〜6枚のとき、先端を摘芯する。その後、子づるが伸びたら仕立て方に応じて元気のよいものを残して他をかき取る。


(5)誘引


  つるが長く伸びたら、つるを振り分けて支柱で固定する。


(6)人工受粉・樹勢維持


  開花期に訪花昆虫が少ないときは、日の出から朝8時までに雄花の花粉を雌花の先端につける。1番果を確実に着果させるとつるぼけを抑え収穫量が増える。

(7)追肥


  1回めは、1番果が着果してこぶし大のときに1m当り30g施す。2回めは、2〜3番果の着果後に20g施す。1番果が着果していても、果実が大きくなり始めるまでは肥料を施さないこと。葉っぱの色が濃く茂りすぎているときは、無理して追肥せず生育状態(樹勢)をみて施す。

(8)玉直し


  果実が握りこぶし大になったとき、花弁がついていた方を下へ向けプラスチックトレーなどを敷く。

(9)収穫


  西洋種( えびす、みやこ)は、へたの部分がコルク状に乾いてひび割れてきたときで、着果後40〜50日が目安。日本種( 黒皮、菊座)は、外皮の表面が白い粉を吹き始めたときで着果後30〜35日が目安。

(10)注意したい病害虫


  病気や害虫には比較的強いが、梅雨明け後はうどん粉病に注意。初期なら葉を何枚か切りとり風通しをよくして薬剤散布する。ウリハムシが葉っぱを食べるので、草刈りやキラキラ光るテープを張っておくと被害は少ない。

プリンタ出力用画面


家庭菜園
種まきと苗の植え付け [pdf] 植え付け後の管理 [pdf]
これからの管理とコマツナの栽培 [pdf] キャベツとニンジンの栽培 [pdf]
ホウレンソウとコカブ プランター栽培 [pdf] 秋冬はくさいとしゅんぎく栽培 [pdf]
イチゴの栽培 [pdf] 防寒対策と実えんどうの管理 [pdf]
野菜の生育適温と仲間 [pdf] 栽培品目に応じた上手な肥料の使いわけ [pdf]
タネの性質と、春作野菜の栽培ワンポイント [pdf] これからの時期のプランター栽培 [pdf]
果菜類の管理 [pdf] ブロッコリーの栽培・管理 [pdf]
農薬使用の留意事項 [pdf] チンゲンサイ秋冬ハクサイの栽培 [pdf]
玉ねぎの苗づくり [pdf] 玉ねぎ苗の植え付けとソラマメの栽培 [pdf]
コマツナの栽培と玉ねぎの管理作業 [pdf] 春先までの間にできる土づくり [pdf]
ジャガイモの栽培 [pdf] にんじんとほうれんそう プランター栽培 [pdf]
サルビアの栽培法と培養土の作り方 [pdf] 豆類の栽培について [pdf]
ヒマワリの栽培について [pdf] カリフラワーの栽培 [pdf]
葉ボタンの栽培 [pdf] ソラマメの栽培 [pdf]
チューリップの栽培 [pdf] 連作障害と輪作について [pdf]
ユリの栽培 [pdf] 「肥料」について [pdf]
ペチュニア栽培について [pdf] 「きゅうり」の栽培
「アサガオ」の栽培について ニンジンの栽培
コスモスの栽培 「タマネギ」栽培について
「スイセン」の栽培 エンドウ栽培について
「農薬」について 「シクラメン」について
今月の家庭菜園はお休みです 「ジャガイモ栽培」について
今月の家庭菜園は特集(PDF)です 「サルビア栽培」について
「なすの栽培」について 「マリーゴールド栽培」について
「キャベツ」について キンセンカ栽培について
ハクサイ栽培について パンジー栽培について
種のまき方やまきどきについて ポインセチア
今月の家庭菜園はお休みです。 「マルチ栽培」について
「ベゴニア」 「ゴーヤ栽培」
「キュウリと黒大豆の栽培」 インゲンマメと黒大豆の栽培
「レタスとサンチュの栽培」 「ハクサイの栽培」
「シュンギクの栽培」 ソラマメの栽培
小松菜の栽培 たい肥作り
今月の家庭菜園はお休みです。 ジャガイモの栽培
ラディッシュと小カブの栽培 伏見とうがらしの栽培
サツマイモの栽培 トマト・ナス・キュウリの栽培
キャベツ・ブロッコリーの栽培 ニンニクの栽培
ホウレンソウの栽培 エンドウの栽培
土作り 今月の家庭菜園はお休みです。
今月の家庭菜園はお休みです。 野菜の作付け計画
野菜の病害虫について 野菜苗の植え付け
夏に向けて緑のカーテンを 「ニンジン」の栽培について
リーフレタスの栽培について ラッキョウの栽培について
ラディッシュの栽培について タマネギの栽培について
「肥料のはたらき」について 今月の家庭菜園はお休みです
今月の家庭菜園はお休みです 「野菜の栽培難易」について
ジャガイモの栽培について ピーマンの栽培について
黒大豆の栽培について インゲンマメの栽培について
「ブロッコリー・カリフラワー」の栽培について 「ハクサイ」の栽培について
「ソラマメ」の栽培について 「エンドウ」の栽培について
「容器を用いた栽培」について 今月の家庭菜園はお休みです。
今月の家庭菜園はお休みです。 「年間栽培計画」について
「植物のしくみ」について 「伏見とうがらし」の栽培について
「サツマイモ」の栽培について 「トマト・キュウリ」の栽培について
「ナス・ピーマン」の栽培について 「タマネギ」の栽培について
「イチゴ」の栽培について 「エンドウ」の栽培について
防寒・防霜対策について 土づくりについて
「生ごみ堆肥」について ジャガイモの栽培について
家庭菜園での重要なポイントについて 「サトイモ」の栽培について
「トウモロコシ」の栽培について 病害虫と雑草の対策について
「キャベツ」の栽培について 「ニンニク」の栽培について
「花菜」の栽培について 間引き・中耕・土寄せの重要性について
落ち葉堆肥の作り方 野菜の保存・貯蔵
前年作の反省と今年作の栽培計画 「連作障害」について
「ニラ」の栽培について 「カボチャ」の栽培について
「黒大豆」の栽培について 「小豆」の栽培について
「ブロッコリー」の栽培について 丹波くりの苗木植え付けについて
コマツナの栽培について ブルーベリーの植えつけと収穫時期について
「ホウレンソウ」の栽培について 「原木シイタケ」の栽培について
「ストック」の栽培について 「太ネギ」の栽培について
「やまのいも」の栽培について 「ナス」の栽培について
「山椒」の栽培について 「ニンジン」の栽培について