JA京都

2010.05 Vol.98


 春夏野菜の植え付けが終わり、これから生育が進んでいく中での栽培管理として「キュウリ」について、また、栄養価が高く、京都の特産でもある「黒大豆」の栽培について紹介します。

 

企画営農課 和田 貴士

キュウリ

 

●整枝と摘葉

 株元から約30センチ(7節程度)までの側枝や雌花は早めに除去し、収穫開始前までしっかりと株作りを行いましょう。 

 

 キュウリの親づるにはほとんど実が付かず、子づるや孫づるに実が付きます。子づるの1節目に雌花が付いたら雌花から葉を2枚残して芽を摘み取り(摘芯)、上の葉の付け根から子づるが発生するのを促します。親づるは、目線の高さ(約1.5メートル)まで伸びたら、芽を摘み取りましょう。 

 

 古くなった下の葉(展開して40日くらい)は摘み取っていきますが、一度にたくさん取ると生育が悪くなりますので、注意して下さい。葉を摘み取ると風通しや日当たりが良くなり、病気の予防にもなります。

 

●追肥と水やり

 乾燥や肥料切れはキュウリの生育を弱め、尻太り果や曲がり果を増大させる最大の原因です。これを防ぐために定期的な追肥と水やりを行いましょう。

 

 追肥は、植え付け後、半月おきを目安に、1平方メートル当たり化成肥料60グラムを、3〜4回施用しましょう。 

 

 果実のほとんどが水で出来ているキュウリは、定期的に水やりすることで栽培が安定し、収量アップにつながります。

 

●収穫

 キュウリは雌花の開花後10日前後で収穫が可能となります。収穫が遅れて実が大きくなり過ぎると樹に負担がかかり、雌花が落ちて収量が減少しますので、早めの収穫を心掛けましょう。

 

黒大豆

 

●ほ場準備

 豆類は、発芽から生育初期までは湿害を受けやすく、発芽不良や生育不良などが心配されますので、対策として排水溝を作りましょう。

 

●施肥

 1平方メートル当たり苦土石灰100グラム、ようりん60グラム、緩効性肥料4グラムを目安に施用し、土と良く混和します。 

 

 豆類は肥料(窒素成分)を多く施用すると生育が旺盛になり、樹ばかりが出来てしまいます。その結果、花の数が減少したりさやの付きが悪くなったりしますので、施肥量は前作に応じて加減して下さい。リン酸とカリについては、豆にとって必要な肥料ですので、標準量を散布してください。

 

●種まき(適期6月上旬〜中旬)

 種子は1平方メートル当たり1.5〜2グラム準備します。

 

 うね幅は100〜120センチ、株間は40〜50センチとします。

 

(直播栽培)…1粒まきした後に軽く鎮圧し、その後十分かん水して覆土を行いましょう。

 

(移植栽培)…苗を作る場合は、苗床に十分水を与えた後、5センチ×5センチ間隔に、1粒ずつ「へそ」が上にならないようにまきます。種子が隠れる程度の覆土をしたあとは、地面が湿る程度に水をやり、濡れ新聞、むしろ等を被せます。芽が持ち上がってきたら取り外し、乾燥しないように晴れの日は朝と昼の2回水をあげましょう。

 

 本葉が見え始めたころに定植を行います。定植は、出来るだけ暖かい晴天の日に行い、子葉の下まで植え付けます。

プリンタ出力用画面


家庭菜園
種まきと苗の植え付け [pdf] 植え付け後の管理 [pdf]
これからの管理とコマツナの栽培 [pdf] キャベツとニンジンの栽培 [pdf]
ホウレンソウとコカブ プランター栽培 [pdf] 秋冬はくさいとしゅんぎく栽培 [pdf]
イチゴの栽培 [pdf] 防寒対策と実えんどうの管理 [pdf]
野菜の生育適温と仲間 [pdf] 栽培品目に応じた上手な肥料の使いわけ [pdf]
タネの性質と、春作野菜の栽培ワンポイント [pdf] これからの時期のプランター栽培 [pdf]
果菜類の管理 [pdf] ブロッコリーの栽培・管理 [pdf]
農薬使用の留意事項 [pdf] チンゲンサイ秋冬ハクサイの栽培 [pdf]
玉ねぎの苗づくり [pdf] 玉ねぎ苗の植え付けとソラマメの栽培 [pdf]
コマツナの栽培と玉ねぎの管理作業 [pdf] 春先までの間にできる土づくり [pdf]
ジャガイモの栽培 [pdf] にんじんとほうれんそう プランター栽培 [pdf]
サルビアの栽培法と培養土の作り方 [pdf] 豆類の栽培について [pdf]
ヒマワリの栽培について [pdf] カリフラワーの栽培 [pdf]
葉ボタンの栽培 [pdf] ソラマメの栽培 [pdf]
チューリップの栽培 [pdf] 連作障害と輪作について [pdf]
ユリの栽培 [pdf] 「肥料」について [pdf]
ペチュニア栽培について [pdf] 「きゅうり」の栽培
「アサガオ」の栽培について ニンジンの栽培
コスモスの栽培 「タマネギ」栽培について
「スイセン」の栽培 エンドウ栽培について
「農薬」について 「シクラメン」について
今月の家庭菜園はお休みです 「ジャガイモ栽培」について
今月の家庭菜園は特集(PDF)です 「サルビア栽培」について
「なすの栽培」について 「マリーゴールド栽培」について
「キャベツ」について キンセンカ栽培について
ハクサイ栽培について パンジー栽培について
種のまき方やまきどきについて ポインセチア
今月の家庭菜園はお休みです。 「マルチ栽培」について
「ベゴニア」 「ゴーヤ栽培」
「キュウリと黒大豆の栽培」 インゲンマメと黒大豆の栽培
「レタスとサンチュの栽培」 「ハクサイの栽培」
「シュンギクの栽培」 ソラマメの栽培
小松菜の栽培 たい肥作り
今月の家庭菜園はお休みです。 ジャガイモの栽培
ラディッシュと小カブの栽培 伏見とうがらしの栽培
サツマイモの栽培 トマト・ナス・キュウリの栽培
キャベツ・ブロッコリーの栽培 ニンニクの栽培
ホウレンソウの栽培 エンドウの栽培
土作り 今月の家庭菜園はお休みです。
今月の家庭菜園はお休みです。 野菜の作付け計画
野菜の病害虫について 野菜苗の植え付け
夏に向けて緑のカーテンを 「ニンジン」の栽培について
リーフレタスの栽培について ラッキョウの栽培について
ラディッシュの栽培について タマネギの栽培について
「肥料のはたらき」について 今月の家庭菜園はお休みです
今月の家庭菜園はお休みです 「野菜の栽培難易」について
ジャガイモの栽培について ピーマンの栽培について
黒大豆の栽培について インゲンマメの栽培について
「ブロッコリー・カリフラワー」の栽培について 「ハクサイ」の栽培について
「ソラマメ」の栽培について 「エンドウ」の栽培について
「容器を用いた栽培」について 今月の家庭菜園はお休みです。
今月の家庭菜園はお休みです。 「年間栽培計画」について
「植物のしくみ」について 「伏見とうがらし」の栽培について
「サツマイモ」の栽培について 「トマト・キュウリ」の栽培について
「ナス・ピーマン」の栽培について 「タマネギ」の栽培について
「イチゴ」の栽培について 「エンドウ」の栽培について
防寒・防霜対策について 土づくりについて
「生ごみ堆肥」について ジャガイモの栽培について
家庭菜園での重要なポイントについて 「サトイモ」の栽培について
「トウモロコシ」の栽培について 病害虫と雑草の対策について
「キャベツ」の栽培について 「ニンニク」の栽培について
「花菜」の栽培について 間引き・中耕・土寄せの重要性について
落ち葉堆肥の作り方 野菜の保存・貯蔵
前年作の反省と今年作の栽培計画 「連作障害」について
「ニラ」の栽培について 「カボチャ」の栽培について
「黒大豆」の栽培について 「小豆」の栽培について
「ブロッコリー」の栽培について 丹波くりの苗木植え付けについて
コマツナの栽培について ブルーベリーの植えつけと収穫時期について
「ホウレンソウ」の栽培について 「原木シイタケ」の栽培について
「ストック」の栽培について 「太ネギ」の栽培について
「やまのいも」の栽培について