JA京都

レシピ



みずほだいなごんあずきのこーひーようかん
瑞穂大納言小豆のコーヒー羊羹

瑞穂大納言小豆のコーヒー羊羹

 

やわらかな甘みとほろ苦さが織りなす深い味わい

 

材料
14cm×13cmの流し缶1個分
(作りやすい分量。このうち350gを使用)

<粒あん>
瑞穂大納言小豆(なければ小豆) 200g
(一晩水に漬け、10分ほど煮てからあくを抜いておく)
砂糖 200g
水あめ 大さじ1杯半
塩 少々
粉寒天 8g
グラニュー糖 150g
水あめ 20g
濃いめのコーヒー 400cc

 

作り方
【粒あんの作り方】
(1) 鍋に小豆とたっぷりの水を入れ、中火で50分程煮る。
(2) 小豆がつぶれるくらいになったらゆで汁を捨て、砂糖を加えてなじませる。
(3) (2)を中火にかけ、木べらで底からすくうように混ぜ、ぽってりとするまで煮詰める。
(4) 弱火にして水あめと塩を加えて練ったら、バットに広げて冷ます。

【コーヒー羊羹の作り方】
(1) 鍋にコーヒーを入れて強火にかけ、粉寒天を溶かす。
(2) 火を弱めてグラニュー糖を加える。煮溶かしたら、半量を別の鍋に移す。
(3) 粒あんを加え、鍋底がシャリシャリと音がするまで木べらで練り上げる。
(4) 水あめを加えて火を止め、粗熱を取ったら流し缶に入れて固める。
(5) 固まったら別の鍋に取っておいた(2)を温めて流し入れる。
(6) 粗熱を取り、冷やし固める。


コツ・メモ
コーヒーは風味を良くするために、濃いめにしてください。コーヒーとあんこは意外と相性がいいんですよ!

 

製作者
レシピ考案者:吉村雅子さん
出典
2014年11月 ぱあとなぁ〜vol.152「く和えるレシピ」


聖護院だいこんのふろふき 聖護院だいこんのふろふき (19393)
聖護院大根のバター煮 聖護院大根のバター煮 (15718)
壬生菜の塩漬け 壬生菜の塩漬け (10472)
壬生菜の白和え 壬生菜の白和え (8126)
山菜おこわ 山菜おこわ (8044)
採用情報 出資証券の無証券化について 組合員資格確認のお願い JA京都の組合員になりませんか? JA京都のおいしいお米 京野菜