JA京都

レシピ



べっこうあめ
べっこうあめ

べっこうあめ

 

砂糖と水を煮詰め、酢を少々混ぜる。それを手早く丸めてできあがり。 しかし、いたってシンプルな材料と製法でできるため、わずかにバランスが崩れると失敗してしまいます。

 

材料
(約50個分)
砂糖カップ2、水カップ1、酢大さじ1

【用意するもの】
料理はさみ、フライパン、アルミバット、片手鍋、箸

 

作り方
1)フライパンを少し温めて、油を薄くのばし、全体に広がるとペーパーでさっとふき取る。

2)片手鍋に砂糖と水を入れ、中火で10分くらいかき混ぜずに煮る。

3)あめがほんのりきつね色になったら、酢を入れて箸で手早くかき混ぜる。全体がべっこう色になったら火からおろし、用意していたフライパンに流し入れる。

4)あめを箸で少量ずつ取り、バットに入れる。バットに入れたものから、はさみで切って丸めていく。熱いのでやけどに注意。


コツ・メモ
・砂糖を煮詰める時は、混ぜないでじっと待ちましょう。混ぜると失敗します。
・表示の分量がベスト。あめは手早く丸めないと固まってしまうので、分量が多すぎると丸める前に固まってしまいます。

 

製作者
崎山テル子さん
出典
2002年5月 ぱぁとなぁ〜vol.2 「スローフード万歳!」


聖護院だいこんのふろふき 聖護院だいこんのふろふき (19377)
聖護院大根のバター煮 聖護院大根のバター煮 (15698)
壬生菜の塩漬け 壬生菜の塩漬け (10377)
壬生菜の白和え 壬生菜の白和え (8055)
芋づるのきんぴら 芋づるのきんぴら (7876)
出資証券の無証券化について 組合員資格確認のお願い JA京都の組合員になりませんか? JA京都のおいしいお米 京野菜