JA京都

2006.06 Vol.51

散歩[ウォーキング]
組合員の皆さんが日々実践されている健康法を毎月一つずつ紹介します。このコーナーは皆さんの情報によって支えられています。
お便りやメール、ファックスによる投稿を心よりお待ちしています。
 


●京丹後市大宮町
松岡冨美子さん
 

 ウォーキングといっても、歩き方や呼吸法を習って実践しているわけではありません。1歳3か月の孫と一緒に散歩する程度です。家の周りは自然がいっぱいで、近くに竹野川も流れています。その川沿いは、遊歩道として整備されていますので、歩くには本当に良い環境です。孫の子守りに天気が良いと、午前と午後の2回に分け15分ほど散歩します。ただ注意していることは、歩くのに良い靴を選ぶことと、歩き過ぎないことです。膝を痛めますから無理はしません。

 

  私は長い間、機織りの仕事をしていたため、機音に負けないほどの声を出すのが癖になっています。散歩の途中で出会うご近所さんや、学校帰りの小学生に大きな声で話しかけることも、私にとっては歩くのと同様に健康法の一つになっています。

 

  昔はゲートボールなどスポーツもしていましたが、孫ができてからは、子守りのため時間が無くなり、結局やめてしまいました。最近では女性部のサークル活動で着付け教室をしています。着付けも案外体力がいるもので、毎日の散歩が体力維持につながっているものと思います。

 

プリンタ出力用画面


JA京都のおいしいお米
JA京都の組合員になりませんか?
京野菜
京やさい料理帖
たわわ朝霧
たわわパン工房