JA京都

2007.03 Vol.60

古希の筋トレ
組合員の皆さんが日々実践されている健康法を毎月一つずつ紹介します。
 


●京丹後市峰山町丹波
森谷チヨさん

 

 よさこい踊りを始めて2年たった70歳の時、足の痛みから正座や階段の上り下りがつらくなりました。当初は踊りで健康が保てると考えていたのでショックでした。その後、1年ほどは病院に通い薬で我慢していましたが、健康雑誌で衰えた筋肉を強化することが改善策だと知ったんです。

 

 最初は無理なくスクワット10回から始め、毎日12回、15回と徐々に増やしていくと同時に、腕立て伏せやもも上げなど色んな筋トレも取り入れていきました。ずっと続けていてスクワットが1日に100回こなせるようになると異変が起きました。ある日突然、正座ができるようになり階段の上り下りも楽になったんです。

 

 この驚きと喜びは自分だけにとどめるのはもったいない、同じ悩みを抱える人にも伝えなければならないと思い立ちました。参加者を募ると、ほぼ同世代の10人が集まりました。活動開始から間もなく1年ですが、週1回みんな元気でトレーニングに励んでいます。

 

 注意しているのは、年齢相応の運動負荷であることと準備運動・整理運動は十分に行うこと。また、スクワットは何回かに分けてでも1日に最低100回は毎日続けてほしいです。私の場合は歯磨きしながら朝晩100回ずつしています。とにかく「死ぬまで元気で生きること」が目標です。
 

準備運動の一環として筋トレ前によさこいを踊ります
プリンタ出力用画面


JA京都のおいしいお米
JA京都の組合員になりませんか?
京野菜
京やさい料理帖
たわわ朝霧
たわわパン工房