JA京都

2006.04 Vol.49

東洋の養生術
生命の貯蓄体操
組合員の皆さんが日々実践されている健康法を毎月一つずつ紹介します。このコーナーは皆さんの情報によって支えられています。
お便りやメール、ファックスによる投稿を心よりお待ちしています。
 
五導術
五臓に気血の流れを良くするという「五導術」の31ある動作から3つを見せていただきました。

※この体操は指導員のもとに正しい動作を行わなければ効果がありません。
興味のある方はJA京都本店ふれあい課までお問い合わせください。

●亀岡市 野千恵子さん

 

 長い間、仕事一筋の生活でしたが、退職して落ち着いた頃、これからの高齢化社会をいかに生きていったらよいのだろうと思いました。明るく元気に日々を過ごすため身体に良いことを始めたいと友達に話していたところ、この体操をやってみないかと誘われました。道場を見学させてもらうと若い人から年輩の人までそれぞれの身体に合わせて和やかに体操をしておられ、私にもできそうだし、何よりも雰囲気の良いのが気に入り、さっそく入会しました。

 

 この体操は、丹田呼吸で気の量を増やし臓器や組織の恒常性維持機能と自然治癒力を高める運動で、1日1ミリ身体をのばすことを心がけて毎日続けることで、血液循環調整・自律神経調整・経絡調整・全身骨格調整・精神安定といった健康効果があるとされています。毎日はできませんが、私は身体が硬く、歪んでいるので少しでも調整したいのと、体操後のスッキリした気分が何とも言えず、2年前から続けています。こむらがえりが全く起こらなくなり、この1、2年風邪をひかなくなりました。また、姿勢に気を配るようになりました。


 
プリンタ出力用画面


JA京都のおいしいお米
JA京都の組合員になりませんか?
京野菜
京やさい料理帖
たわわ朝霧
たわわパン工房